ぼくのあしあと

ゲームやネット小説など、日々興味や関心をもったことを綴る

迫力満点爆発四散気分爽快!「Warhammer Freeblade」をプレイして、評価・レビューと感想

      2015/11/28

warhammer23

ー「目につくものすべてを一掃せよ」

久しぶりのゲーム記事ですね。

木曜日の夜になるとアップルストアの新着ゲームが更新されるので、その直前とかは紹介するゲームネタがないんですよね。

さて、本日は「Warhammer 40,000: Freeblade(ウォーハンマー 40,000 :フリーブレード)」というゲームを紹介します。

ロボットを操縦して敵をバッタバッタなぎ倒していくゲームで、そのグラフィックのクオリティも相まって迫力満点のゲームとなっています。

では詳しいゲーム紹介といきましょう。

「ウォーハンマー」のゲーム紹介

「ウォーハンマー」とういゲームを簡単に説明するならば、進路上に出現する敵を殲滅していくゲームだ。

ロボットはマップ上を自動で進み、プレイヤーはわらわらと湧き出てくる敵にやられる前に彼らを倒していく。

ふーん、なんだか面白そうに思えないや・・・と判断する前に、ゲーム画像を見てみよう。

出現する敵を一掃

出現する敵を一掃

どうだろう。こんなにもクオリティの高いグラフィックで繰り広げられるバトルはまさに圧巻だ。

攻撃したい場所をタップしてなぞることで弾がパラパラパラと打ち出され、敵がバタバタバタと倒れていく。

なんて爽快なんだ。当然、演出だって凝っている。

爆ぜろ!

爆ぜろ!

まるでアーケードゲームをプレイしているかのような派手さ!爽快感!

そして「ウォーハンマー」は単に敵を倒すだけでなくやり込み要素もあった。

それら特徴については次の項目で紹介していこう。

「ウォーハンマー」ならではの魅力、特徴

「ウォーハンマー」と似たようなゲーム自体あまりないので、それならばそれでこのゲームのさらなる魅力を紹介していきたい。

このゲームがそこら辺のどこにでもあるようなゲームとは異なることをお見せしよう。

戦略性と演出感たっぷりの戦闘システム

「ウォーハンマー」の戦闘システムはゲーム紹介で説明した通りなのだが、もうちょっと追記しておきたい。

まず、マップ上を自動で進むと様々なイベントが発生する。強力な敵が登場する際は演出も豪華だ。

一応ストーリーもあって、時々下の画像のように会話シーンがはさまれる。

イベントが発生!

イベントが発生!前から強そうな戦車が

また、先ほど上で説明した相手をタップしてなぞるのは通常攻撃のことで、それ以外にも様々な攻撃手段が存在する。

大型相手に大ダメージが与えられるミサイルや、小型の相手にフォーカスした武器もある。

どれも連続で使用することはできず、弾が補充されるのに時間がかかるシステムだ。通常攻撃でさえ連続で使用するとオーバーヒートしてしまうリアル仕様だ。

そのため、戦闘中は適切なタイミングで適切な兵器を使用することが何よりも重要となる。つまり戦略性のある戦いを楽しめるわけだ。

大型の敵にはミサイルだ!

大型の敵にはミサイルだ!

また、自分と同じようなロボットが敵として出現するときもある。

そういった相手には近接戦闘が有効だ。近接戦闘ではタイミングに合わせてボタンを押すことでダメージが決まる。

迫力満点の戦闘シーンに夢中でボタンを押すのを忘れてしまったほどだ。

タイミングに合わせてタップ

近接戦闘。タイミングに合わせてタップ

火花散る熱き戦い

火花散る熱き戦い

自分の操縦するロボットにはHPがあり、それが0になるとゲームオーバーだ。

このゲームでは避けるすべはないが、相手の攻撃に対して防御を張ることができる。

ただし、これも弾と同様にクールダウン(再使用までに必要な時間)が設定されているので使い時を考えよう。

このように、「ウォーハンマー」は単に無双をするゲームだけではなく、時には頭を使って戦うことも大事なのだ。

オプションが豊富な機体カスタマイズ

ロボットを操縦するとなれば当然、機体のカスタマイズを期待してしまう。ん?

機体のカスタマイズと聞いてもピンと来ない方は装備システムといえば伝わりやすいだろうか。

「ウォーハンマー」ではロボットのパーツが事細かに分かれており、どれもこれもこだわりを感じる。

パーツを変えれば容姿も変わるのは当然、攻撃方法まで変わったりもする。

機体のカスタマイズ

機体のカスタマイズ

重火器で例を示そう。

連続で複数の弾を打ち出すガトリング・キャノン、威力の強い弾を打ち出すバトル・キャノンと自分のプレイスタイルに合わせて選べる。

武器の種類も豊富

武器の種類も豊富

そして実は同じ武器でもオプションも異なるので、強いオプションが付いた武器を集める楽しみ方もある。

よりレアな武器ほどオプションが多いので、レアかつ強オプションの武器を求めて敵を倒しまくろう。

オプションはランダム

オプションはランダム

何よりうれしいのは、強い武器はガチャではなく敵のドロップでも手に入る点だろう。

ガチャだとクリアしたステージに基づいたその地点で最強の武器しか手に入れられないのだ。なので装備は敵のドロップから狙うほうがいい。

装備のカスタマイズ

機体がカスタマイズできるのなら当然、装備だってカスタマイズ可能だ。

装備はおなじみの強化システムだけではなく、装備作成システムも実装されている。

作成は不必要になった装備を材料として、より強い装備へと作り替える。

敵のドロップで強い装備が手に入らなくても作成で強い装備が作れるのだ!

何ができるかはランダムというのも面白い。

装備作成システム

装備作成システム

何ができるかな?

何ができるかな?

スタミナなし!遊び放題!

「ウォーハンマー」ではスタミナがないのだ!これは素晴らしい!

レアな装備やお金を求めてステージを繰り返しプレイできるのだ。飽きるまでとことん遊びつくそう。

プレイヤーはMAP上の場所を決めるといくつかのイベントが出現するので、挑戦したいイベントを選ぶ。

同じステージでもイベントが変われば出現する敵も変ので、新鮮な気持ちでプレイできるのだ。

場所ごとにイベントがいろいろある

場所ごとにいろいろなイベントがある

MAP上のイベント

選択した場所のイベント

「ウォーハンマー」の気になる点

先ほど上でスタミナがないため遊びたいだけ遊べる!という話をしたと思うが、実はちょっと違う。

確かに一度遊んだことのあるステージをもう一度遊ぶのは何度だってできるが、新しいステージを連続で遊ぶことはできない。

なぜなら、ステージごとに装備制限があり、最低これ以上の装備をしてくださいというものがあるからだ。

そのため、新しいステージをプレイするには新しい装備をいくつか作成する必要があるが、装備作成には時間がかかるのだ。

よって、装備ができるまで新しいステージを遊ぶことはできない。

装備制限に引っかかると赤く表示される

装備制限に引っかかると赤く表示される

しかし、一度遊んだことがあるステージならば何度でも遊べるのは間違いない。

新しい装備ができるまでは、現在遊べるステージを繰り返して装備やお金を貯めよう。

もう一つ気になる点といえば、スペックの問題だ。

僕は現在iPhone5Sを使用しているが、このゲームを遊んでいると端末が非常に熱くなる。

敵が爆発するだけでなく、自分の携帯まで爆発しそうで怖い。

おそらくiPhone6になれば問題ないとは思うが、試していないのでわからない。

まとめ

迫力満点のバトルシーンが体験できるゲームで今のところこれを超えるものはないでしょう。

ミサイルランチャーでドカーンと敵を爆発四散させたときの爽快感は病みつきです。

何よりソシャゲではないので課金圧力があまりないのもうれしい。

遊んで悔いはない作品でしょう。

 

Warhammer 40,000: Freeblade

Warhammer 40,000: Freeblade
開発元:Pixel Toys
無料
posted with アプリーチ
The following two tabs change content below.
XZ

XZ

ゲームとWeb小説が何よりも好き。自分の趣味を共有、共感できたらと思いブログをはじめた。

 - じっくりできる