ぼくのあしあと

ゲームやネット小説など、日々興味や関心をもったことを綴る

【最近読んだWeb小説】~今、復讐の時が来た~

   

最近読んだWeb小説まとめ

みなさん、長らくお待たせしました。

卒論が無事終わりまして、やっと落ち着いて小説を読むことが出来るようになりました。

やはり、気になることがあると集中して読むことが出来ず、面白さも半減してしまいますね。

まあ、そんなことはともかく、最近読んだWeb小説を紹介していきましょう。

例のごとく、かなり辛口レビューですのでご注意ください。

「パクりで目指す世界最強」を読んで、評価・感想

自称クールな性格である春原夏樹はある日突然、よくある物語のように異世界へと飛ばされる。クラスメイトとともに召喚された先で、夏樹たちは魔王と戦うことをお願いされた。勇者として召喚された夏樹たちには代々強力なステータスが宿るという。しかし、夏樹のステータスは『魔力』に天秤が偏りまくっている歪なモノだった。しかも才能が無く、魔法は使えないという始末。そんな詰みに詰んだ世界で、普通に頑張る高校生の話。※いまだにパクリ要素が見えないので、若干タイトル詐欺です。

作者も言っている通り、タイトルの「パクリ」は気にしないでください。

読んだ限り、特にパクリと感じた箇所はありませんでした。

作品自体はよくあるような異世界転移モノ。

あらすじにもあるとおり、どこにでもいるような平凡な主人公が異世界転移に巻き込まれてしまう。

しかし、主人公だけは与えられた能力に大きな偏りがあったために、最弱だと思われる。

無能な主人公が活躍し、成り上がっていく。そういったカタルシスを楽しむことが出来る作品です。

ただ、残念ながら文章力があまり高いとは言えません。

文章は主人公の一人語りが続きますが、情景描写、感情描写、説明文がとても少ない。

主人公や他の登場人物に感情移入しにくいこともそうですが、それ以上に文章を読んでも具体的な場面を思い描きにくいですね。

主人公転移モノを読み慣れた人ならばおなじみの展開が続くので、描写が少ない分を脳内で補完できますが、そうでない方には読みづらいかと思います。

とりあえず、典型的ななろうの小説と言ったところで、深いことを考えずに読む分にはいいのかもしれません。

 

「パクりで目指す世界最強」

「四煌の顕現者-八龍ゼクスの学園記録-」を読んで、評価・感想

詠唱途中で能力が発現してしまう。
能力の発動が「速すぎた」ばかりに『素質なし』とされ、友人・幼なじみ・家族に捨てられた少年は性格を大きく歪めてしまい深い闇を抱えてしまう。

5年後、名前を「八龍ゼクス」と変え、容貌も変わった少年は育成機関である八顕学園へ足を踏み入れた。

一緒に入学した「元」友人を見返すために。
同時に、もう一度「生まれ変わる」ために。

ゼクスの学園生活が今、始まろうとしていた。

「俺はお前達を、絶対に許さない」

これは環境に、状況に、才能に。
何らかの「事情」を抱え、生きてきた少年少女たちの学園記録である――。

僕はこういった逆境モノが大好きです。

なんの理由もなく神様からチート能力をもらえるような作品と比べて、読み応えがある上に主人公に感情移入し易いからです。

この作品はなろうの流行を単に取り入れているだけのものとは異なり、自身の世界観を形成していることが特徴です。

異世界転移を主軸としたファンタジーものではなく、現代社会に魔法を組み込んだものなので、新鮮な気持ちで読み進めることが出来ます。

展開よし、世界観よし、と素晴らしい要素が多い作品ではありますが、残念な点もあります。

それは展開が早すぎる、もしくは感情描写が少ないために感情移入しにくい点でしょうか。

感情移入する前に次々と次の場面へと移っていくため、どこか他人事のように見てしまう。

また、感情移入が少ないために主人公の行動に疑問を感じることもしばしばあります。

「どうしてそのように判断したのだろうか」「なぜ、そう感じたのだろうか」といったように。

それ以外に関してはとても良いだけに、悪い点が目立ってしまいましたが、総じて言えばレベルが高い作品であることは間違いありません。

感情移入に関しては完全に僕の好みでもありますので、あまり参考にせずに自分で読んで判断してみることをおすすめします。

 

「四煌の顕現者-八龍ゼクスの学園記録-」 小説を読もう

 「WILD COLOR」を読んで、評価・感想

――拝啓、親愛なる我が両親、そして兄と妹、俺は剣と魔法の世界で新たな生を何とか生きています。

不慮の事故に遭い、訳も分からず違う世界に転生してしまった俺、いったい俺が俺のまま、この世界に生まれ落ちた理由は何だろう?
そんなことを漠然と考えながら、普通に生活し、普通に学び、生活のために戦ったり――
魔導を暴発させた俺を見かねてエルフの師匠が俺に魔導の手ほどきをしてくれたり、身内に不幸が起こりやむ終えず冒険者になって初任務で死にかけたりと起こることは様々――生き難く、立ち向かい難い世界で、今まで培ってきたモノを糧に、時として新たな力を身に着けながら、少しづつ歩んでゆく俺の物語。

そして、いずれ大切なモノの為に世界を旅したりするかもしれない……そんなお話。

最近はめっきり見かけることが少なくなった純正異世界転移モノの作品です。

子供時代から始まり、様々な経験を得て成長していく。

その中でも魔法に興味を覚え、異世界人特有の他人とは異なる視点から新たな魔法を考案し生み出していく主人公。

よく見かけるようなストーリー展開といえるでしょう。

ただ、単純に神様からチート能力を与えられたがゆえに強くなるのではなく、主人公の地道な努力によって成り上がっていく様子は好感が持てます。

文章力も申し分なく、情景描写、説明文、感情描写も無難に描けていると思います。

ただ、不満と感じた点を一つ上げるとすれば、物語が淡々と進んでいる点でしょうか。

今まで見たこともないようなびっくりするような展開だとか、読者を引き込ませるような展開だとか、そういったことがありません。

いや、正確に言うならばそういった展開はあるのですが、それに付随する描写が少ないために、読者の胸をあまり打たないのです。

よく言えば無難な作品、悪く言えばありきたりな作品といます。

ただ、異世界転移モノとしては手堅くよくできた作品ですので、興味がある方は是非読んでみてください。

 

「WILD COLOR」 小説を読もう

最近読んだおすすめWeb小説

最近読んだおすすめWeb小説は、僕が読んだ小説の中でもクオリティが非常に高いものを紹介します。

文章力が高いことはもちろんのことながら、その小説ならではの魅力や特徴を備えたものばかりです。

今までこんな小説見たことがない!といったものばかりですので、ぜひ一度読んでみてください。

今回紹介したいのは次の作品です。

平凡で非凡な主人公「BMP187」を読んで、評価・感想

どこにでもいるような平凡な高校生が主人公にもかかわらず、ある日突然衝撃の事実を告げられてしまう。

文章全体がコメディチックで、何度も笑わせられました。そして、胸が熱くなるような展開もありと、非常に密度の濃い作品です。

また、主人公の性格に対しても非常に好感を持てます。この主人公のような友達がほしかったと思ってしまうぐらいに。

昔の古き良きライトノベルが好きな方ならば必ず気に入ると思います。

まとめ

最近、僕が書いたリゼロの紹介記事に対して、外国のリゼロファンから次のようなお問い合わせがありました。

それは、もっとリゼロのファンを増やしたいということで、僕の記事を翻訳して紹介してもよいかというものでした。

自分の記事が他人に紹介されるというほどうれしいことはありません。それも、外国の方ともなると、踊り出しそうなほどうれしかったです。

今後も面白いWeb小説をどんどん紹介していくつもりですので、これからもよろしくお願いします。

ちなみに、リゼロの紹介記事はこちらです。

祝アニメ化!「Re:ゼロから始める異世界生活」の魅力を猛プッシュ!

The following two tabs change content below.
XZ

XZ

ゲームとWeb小説が何よりも好き。自分の趣味を共有、共感できたらと思いブログをはじめた。

 - Web小説まとめ