ぼくのあしあと

ゲームやネット小説など、日々興味や関心をもったことを綴る

【最近読んだWeb小説】~世界を滅ぼせる薬師とは~

   

小説家になろうのランキングで、最近は単純に主人公最強異世界転生ものが減ってきたように思えます。

その代わりには、異世界で料理をしたり、普通に生きていったりといったような話もちらほら混ざるようになりました。

これは嬉しい事ですね。多くの小説が毎回同じパターンで、正直少々うんざりしていましたのでこれからはもっといろんなタイプの小説が増えていくといいですね。

今回紹介する小説もちょっと変わったようなあらすじの小説ばかりです。

「異世界薬局」を読んでの評価・レビューと感想

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。
高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透視能力、物質創造と物質消去能力などの人外のスキルを得ていた。
そこは怪しげな医療行為が行われ、薬師ギルドの独占による医薬価格のつり上げで、庶民には効果のある薬が手に入らない社会。

彼はときの皇帝に認められ、街の一角に薬局を開く。
世に蔓延るまやかしを払拭し、現代薬学に根差した真に効果のある薬を、庶民の手に届けるために。

これは、創薬チートの薬師の少年が前世の現代薬学知識を駆使し異世界人を助けながら、今度は頑張りすぎず新たな人生を送る物語。

あらすじにあるように、薬師として生きていく少年の話という、昨今の小説家になろうでは珍しいタイプのお話です。

舞台設定はとても良く出来ているように思います。きちんと地球の歴史に基づいた世界観を築いてあることで違和感を抱かずに読み進められます。

例えば、暗黒時代では医学があまり発展していないがために、おまじないや呪文に近い治療法が行われていたという説明にはなるほどと納得させられました。

庶民には値段が高くて手を出せない薬という社会を打破すべく主人公が頑張るお話ということで、明確な目標がわかるので読み続けられるモチベーションにもなりました。

ただ、やはり主人公はチートを持っており、困難にぶつかったとしてもチートで直ぐに解決してしまうので、物語としては普通だと思います。

薬師であるはずなのに誰よりも強い魔力を持ち、また神様の加護も得られて、他の人が使えない特殊な魔法が使えるって・・・どれだけ主人公最強にしたいのやら。

薬師として活躍させていくならそれらは全て余計な設定だと思うのです。

登場人物はどれも特徴がある人達で、それは彼らの行動からもわかるのですが、キャラが立つほど魅力的というほどではありませんでした。

総評すれば、やはり主人公があまりにも強すぎて物語性が感じられない、というのが僕の感想です。

 

異世界薬局

「傭兵団の料理番」を読んでの評価・レビューと感想

僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料理を作ることにします。…………これは、後の世で伝説となった英雄たちの部隊で、彼らを支え続けた偉大な料理人の話。・・・・・・・・8月2日、活動報告にて近況をカキコ。是非ご覧下さい。・・・・・コンプティーク2015年5月号にて紹介されました。この場を借りて、編集者Hさんと応援してくれる読者の皆様。そして雑誌を読んで来てくれた皆様へ感謝の言葉を捧げます。

今度は主人公が異世界へと転移し、そこで料理をするお話です。

異世界で料理をするお話は幾つもありますが、この作品は料理をすることよりも料理を介して様々な人達へアドバイスをすることに重きをおいているように思えます。

傭兵団の人たちはいずれも悩みを抱えており、主人公と話をして料理を食べることで悩みが解決できるのです。

始終のんびりとした雰囲気で、ほのぼの系といいましょうか、そういった話が好きな方にはぴったりだと思います。

本作の主人公は別に最強でも何でもなくチートもありません。できるのは料理だけという点で、物語の軸がしっかりとしています。

また、どの話でも主人公視点と悩みを持っていた相手視点と2つの視点を通して物語を見ることができるのも特徴です。

主人公としては大したことしたつもりでないにも関わらず、相手からすると悩みが解決されているというのは面白いですね。

両方の視点から見ることでそれらのギャップを楽しめます。

これといってずば抜けて素晴らしいところがあるとはいえませんが、気になる点もあまりない良作です。

緊迫した場面があるようなハラハラ・ドキドキできる小説というよりは、寝る前のちょっとした時間に軽く読むのに適した小説ですね。

僕が好きなタイプの小説とは異なりますが、こういったのが好きな人は気にいる作品でしょう。

 

傭兵団の料理番

 「邪竜転生 ~異世界いっても俺は俺~」を読んでの評価・レビューと感想

日本で社畜をやっていた名も無き男は、ある日情けなく事故死した。しかし目を覚ませば異世界で邪竜になっていた。男は思う。「あれ、これ働かなくていいんじゃね?」
数年の時が過ぎた。男は中身は人間のまま、気ままな邪竜ライフを送っていた。しょっちゅうウザい冒険者どもがやってくるが邪竜は強いので問題ない。と思っていたのだが、ある日調子に乗りまくったやつらが森にやってきて――

タイトルからもひしひしと伝わってくる通り、主人公転生最強ものです。

ただ、転生先は人間ではなく、邪竜という点でちょっと変わってますが、最近では竜に転生する話もありふれてきましたね。

邪竜に転生するのですが、別に悪いことをすることもなく、日々だらだらと過ごそうとするのですが、そこに女勇者や魔王がちょっかいをかけてきます。

ありきたりそうな感じですが、物語の流れは面白いと思いました。

魔王の部下にちょっかい出されて報復しにいくというのはストーリー性があって、ワクワクさせてくれるのですが、情景描写や説明文が少ないです。

主人公があまりにも強すぎるからかもしれませんが、戦闘が始まっても主人公の一撃で敵が死んでいくので、戦闘の緊張感が全くありません。

まあ、そういった緊張感を求めていない人には関係ありませんが。

また、地の文がとても軽く、主人公の話し方もそこらへんのチンピラのような話し方なので好き嫌いが分かれそうです。

「オラオラ、やんのかやんねーのか、どっちよ」のような口調が会話文だけでなく、地の文もこんな感じです。

総評すれば、ストーリー性はありますが、地の文や会話文が軽くても気にならない人は楽しめると思います。

最近読んだおすすめ小説

最近読んだ小説の中でおすすめできるものを紹介します。

今回のおすすめは文章力や表現力が特に優れている小説で、独特な言い回しや小説特有な描写が味わえます。

また、舞台設定もストーリーも面白く、総じてレベルが高い小説です。

夕焼けに溶ける人影・・・「Engage Chart (エンゲージ・チャート)」を読んで~評価、感想など

まとめ

Web小説といえば異世界ものというほど、異世界ものが多いですがs、たまには異世界とは全く関係ない小説も読んでみたいですね。

学園モノのラブコメや、現代をモチーフとした小説が今後もっと増えてくれれば嬉しいですが、難しいでしょうね。

The following two tabs change content below.
XZ

XZ

ゲームとWeb小説が何よりも好き。自分の趣味を共有、共感できたらと思いブログをはじめた。

 - Web小説まとめ