ぼくのあしあと

ゲームやネット小説など、日々興味や関心をもったことを綴る

史上最強のトーフが爆誕!「To-Fu Fury」をプレイして、評価・レビューと感想

   

to-fufury19

ー「豆腐拳法をお見舞いしてやる!」

ついに豆腐が主人公となる日がやってきた。

豆腐といえばやわらかくてとても弱そうなイメージを持つ。豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまえという言葉があるくらいだ。

そんな豆腐が主人公となればプルプルと震えながら頑張る様子は僕たちの庇護欲を掻き立て、思わず頑張れと声をかけたくなってしまう。

しかし、本日紹介する豆腐は一味違う。彼は強く、かっこいい。

「もう豆腐が弱いなんて言わせない!」と彼の凛々しい顔はそれを何よりも代弁している。

「トーフ・フューリー」。それは豆腐が戦う物語。

「To-Fu Fury」のゲーム紹介

「To-Fu Fury」は豆腐を操作して目的地まで到達することを目的としたゲームだ。

ただ、この豆腐は世界最強の豆腐だ。どれだけ引っ張ってもちぎれることはなく、どれだけ強くぶつけても崩れることはない。

そして一度壁にくっつけば、2度と離れることはないと思わせるほどその吸着力は強い。

赤いハートまで到達することが目的

赤いハートまで到達することが目的

このゲームはそんな豆腐の性質を活かした作りとなっている。

豆腐を操作するのだが、操作方法がちょっと特殊だ。豆腐は足がないためにてこてこと歩いたりしない。

そのため、豆腐を引っ張って行かせたいところまで飛ばすか、同じ平面上を転がせることで移動させる。

飛ばされた豆腐は壁にぶつかるまで止まらずに、壁にぶつかるとそこに引っ付く。

豆腐を引っ張ると

豆腐を引っ張って飛ばす

こうやって飛ばすこともできる

こうやって飛ばすこともできる

壁に当たるとくっつく

壁に当たるとくっつく

それを繰り返すことで豆腐を目的地まで進めるのだ。

ただ、所詮は豆腐だ。針にぶつかったりすれば一瞬でその命を散らしてしまう。

障害物を避けながら上手に目的地まで行く方法を考えなければならない。

そう、このゲームはパズルゲームなのだ。

「To-Fu Fury」ならではの魅力、特徴

スマホでパズルゲームといえば、どれを遊んでいいかわからないぐらいその種類は多い。その中からあえてこのゲームを選ぶ必要はあるのだろうか?

数多いパズルゲームの中からこのゲームをお勧めする根拠を以下に示そう。

多彩なギミックがあるステージ

パズルゲームなんだからステージにギミックがあるのは当然だ。今更目新しいものでも何でもない。

とそう思われるかもしれないが、ステージ上にあるギミックに干渉できるゲームはそれほどない。

「To-Fu Fury」では、ステージ上にあるオブジェクトはほとんど動かすことができる。

例えば、道をふさいでいるブロックに体当たりすることでそれらを吹き飛ばせる。

時には吹き飛ばしたオブジェクトに押しつぶされることだってあるが、そこは愛嬌だ。

板を倒して道を作る

板を倒して道を作る

それらのオブジェクトはそこにあるだけで利用するかどうかは君次第だ。

ステージ上にあるギミックを使うのか使わないのか、そしてどうやって使うのかを考えるのが楽しい。

押しつぶされそう・・・

押しつぶされそう・・・

ボールを転がして道を作る

ボールを転がして道を作る

このように、「To-Fu Fury」では障害物をよけながらゴールを目指すだけのゲームではなく、時には障害物を利用しなくてはならない。

オブジェクトを動かせるというのは、思った以上の臨場感がある。

そしてステージがちゃっかり3Dで表現されていることもこだわりを感じる。

やり込み要素

パズルゲームはそれぞれのステージをクリアしたらそれで終了となる場合が多いが、「To-Fu Fury」ではやり込み要素もある。

まず、各ステージにはそれぞれ目標値というものが設定されている。

操作を何回以下にしなければならないや、ステージ上のアイテムをすべて集めたりと単にクリアして終わりではない。

各ステージには目標値がある

各ステージには目標値がある

そして、スコアが良ければよいほどお金がもらえる。

お金はキャラクターをカスタマイズするのに使うことができる。カスタマイズをしたからといって強くなるわけではないが、見た目がより派手になるのだ。

鉢巻をまいたり、服装を変えたり。そして豆腐を飛ばした時のエフェクトまで変えることができるのだ。

豆腐のカスタマイズ

豆腐のカスタマイズ

飛んだ時にでるエフェクトも変えられる

飛んだ時にでるエフェクトも変えられる

そもそもステージがたくさんあるので、やり込み要素がなくても困らないほどだ。

慣れてきたらどれだけ少ない回数で目的地まで達成できるかを考えてみるのも面白いかもしれない。

「To-Fu Fury」の気になる点

ゲームには全く関係のない話なのだが、この主人公を豆腐というのは無理があるのではなかろうか。

豆腐はそんなに粘着力がないし、引っ張ったらちぎれるし、ぶつけたら崩れる。

主人公は豆腐の皮をかぶった何かだ。

まあ、別にゲームには関係ないのでなんでもいいのだが。

ゲームに対する気になる点は特に思いつかなかったので、どうでもいいことだが書いてみた。

まとめ

プレイしていて神業っぽいのができたので自慢したい!

このゲームを遊んでみるとわかると思いますが、意外と思った場所に豆腐を飛ばすのが難しいです。

それにもかかわらず神憑り的なテクニックですごい場所に行くことができました。

こんなところにこれた!

こんなところにこれた!

どうですか?こんなことなかなかできませんよ!

とこのように遊ぶこともできます。ステージがよくできているので遊び場に困りません。

まあ、上の画像はたまたまですけどね。

 

To-Fu Fury

To-Fu Fury
無料
posted with アプリーチ
The following two tabs change content below.
XZ

XZ

ゲームとWeb小説が何よりも好き。自分の趣味を共有、共感できたらと思いブログをはじめた。

 - 暇つぶし