ぼくのあしあと

ゲームやネット小説など、日々興味や関心をもったことを綴る

フィールド上を歩き回れる!「みんなの釣りバカンス」をプレイして、評価・レビューと感想

      2015/12/14

fishing-vacance26

ー「この川の主を倒したぞ!え?川の主は一人じゃないって?」

釣りって楽しそう!と10年以上と思い続けていながらまだ1回も釣りをしたことがない僕です。

だって、釣りって道具を準備したり出かける下調べをしたり、そもそも釣りの仕方も知らない僕にはハードルが高すぎます。

それでもいつか釣りをしてやるぞと夢を見ながら、釣りゲームを遊んでいます。

釣りゲームって課金前提のものが多いですが、「みんなの釣りバカンス」(以下「釣りバカ」)は無課金でも楽しめたので紹介してみようと思ったのです。

「みんなの釣りバカンス」のアピールポイント!

釣りのゲームは数あれど、じゃあ実際にどれをやればいいのと迷ってしまう。そんな迷える子羊たちに、「みんなの釣りバカンス」をおすすめできる理由を紹介しよう。

このゲームならではの魅力や特徴を紹介していくことで、アピールしていく。

釣りってどんな魚が釣れるかワクワクするよね

なぜ釣りが楽しいのか?いろいろとあるだろうが、やっぱりどんなものが釣れるかわからないからだろう。

釣り針を垂らし、反応があるまで待ち続ける。こんな退屈なことができるのも、釣れた時のワクワクが大きいからに他ならない。

「釣りバカ」はその楽しさがきちんとあるのだ。どんな魚が釣れるかは実際に釣れるまでわからない。

魚影の大きさから「これは大物かな?」と予想を立てるのだが、実際に釣ると全然レアじゃなかったりする。おい、騙しやがって!

でも反対に、魚影が小さくてもレアな魚が釣れることもある。ほら?何が釣れるかワクワクするだろう?

大物を夢見て釣り針を垂らす

大物を夢見て釣り針を垂らす

ゲームなのに結構リアル

釣りゲームは単調なものが多い。ボタンを押すと釣り針を垂らし、反応があるとボタンを押して釣り上げる。

もはやそこにゲーム性は存在せず、パートの仕事かと思うほどの作業性しかそこにはない。

違うのだ!こんな釣りをしたいんじゃないんだ!とずっと思ってきた。そこで「釣りバカ」の登場だ。

「釣りバカ」は釣りの楽しいところをすべて満喫できる。と思う。(本物の釣りをしたことがないので強く言えない)

例えば、まずは場所取りからだ。魚の多そうな場所に目星をつけて歩き回る。そういったことまでできるのだ。

3Dで演出されたステージはなかなかにクオリティが高く、臨場感を高めてくれる。

ステージ上を歩き回れる!

ステージ上を歩き回れる!

地図を見て魚が多いところを探していこう

地図を見て魚が多いところを探していこう

いい場所が見つかれば次は釣り針を垂らす。竿を振って好きな場所に釣り針を投げれるのだ。

ちょうどいい感じに魚が進む方向を狙ったり、密集しているところを狙ったりと考えて垂らそう。

まあ、時に変な方向へと飛んでいくことがあるのはご愛嬌だ。

いい感じに垂らせば魚がいっぱい寄ってくるぞ。

場所が良ければ魚もいっぱい寄ってくる

場所が良ければ魚もいっぱい寄ってくる

魚がくいつくまで辛抱強くまとう。そして、魚がくいついた瞬間からが本当の勝負なのだ!

釣り用語がわからないためにうまく表現できないが、とにかく釣りっぽい。

糸が強く引っ張られているときは引くのを緩め、魚の力が弱まった時に強く引こう。

というのが釣りの基本なのだと思うのだが、「釣りバカ」はそれにダメージやHP要素を加えている。

何を言っているんだかって?

つまり、魚や自分にHPがあり、うまい具合に引っ張ったり引っ張られたりすることで、魚のHPを0にしようということだ。

魚のHPを減らせ!

魚のHPを減らせ!

変な釣り・・・と思わないでほしい。僕も最初は思っていたが。

なんとこのシステムのおかげでリアルな釣りとなっているのだ。

ダメージやHPのどこがリアルなんだというツッコミはあると思うが、それによって魚との攻防の駆け引きがリアルとなっている。

自分がやられる前に魚のHPを0にできればめでたく釣れる。

サイズが表示されるのが地味にうれしい。おお!今回は大物が釣れたぞ!と喜べるからだ。下の画像は小物だが。

ゲットだぜ!

ゲットだぜ!

とまあ、魚が釣れるまでの一連の流れを追ってみた。

個人的にはフィールド上を自由に歩き回れるのが好きだ。

時にはほかのユーザーとすれ違ったりもでき、みんなで一緒に釣りをしているんだという雰囲気が楽しい。

あと、魚のグラフィックもよくできている。カラフルな魚や躍動感のある魚、様々な魚が見れるのだ。

やればやるほど必ずうまくなる

「釣りバカ」はやり込めばやり込むほどよりいい魚を釣りやすくなるぞ。

というのも、釣り竿のLvが上がったり、装備のLvが上がったりするからだ。

うわ、途端にリアルじゃなくなったなという声が聞こえる。まあ、これに関しては仕方がない。

しかし、やり込み要素があるほうがやりがいがあるじゃないか。

最初とは違う自分というものを実感できるのだから。

「釣りバカ」では、装備を強化させたり進化させたりできる。まあ、よくあるソシャゲと一緒だ。

装備を強くしよう

装備を強くしよう

ただ、このゲームの良いところはある程度は実力でカバーできる点だ。

装備を強くするのはあくまでも楽に釣るためであって、レアな魚が釣れるようになるわけではないのだから。

なので、始めたばかりの人でもレアな魚は釣れる。結構苦労したけど僕も釣れた。

餌の良さでレアな魚が寄ってくるかどうか決まるのだが、エサはゲーム内通貨で買えるのだ。

決して課金しないと手に入らないものではない!

しかも、釣り針の投げ方が上手ければレアな餌でなくてもある程度レアな魚は釣れる。

あと、装備を進化させることでレア度を上げられるので、課金でレアな装備が手に入らなくても大丈夫。

長くコツコツとやって入ればそのうち一番レアな装備だって手に入る。

装備を進化させてレア度を上げられる

装備を進化させてレア度を上げられる

ソーシャル要素もあるよ

「釣りバカ」はソーシャル要素が結構豊富だ。つまり他人と一緒に楽しめるというわけだ。

クラブに入ったり、ランキングで勝負したり、パーティで一緒に魚を釣ったりといろいろできる。

チャット画面がすぐ上に表示されているので、気軽にお話も楽しめる。

まあ、みんなでわいわいしようということだ。

クランに入ろう

クランに入ろう

「釣りバカ」の気になる点

オート機能ほしい!!

切実な願いだ。まあ、リアルに釣りができる分、オート機能の実装が難しいことはわかる。

しかし、素材集めのステージでオート機能がないのは結構つらいのだ。

もう一つ気になる点がある。それは進化素材の収集についてだ。

スペシャルステージで進化素材が手に入るらしいのだが、確率が低すぎる気がする。

30分ほどずっとやっているにもかかわらず、まだ1個も手に入っていない。

もしやバグなのではと心配してしまうほどのドロップ率の低さだ。

このままではいつまでたっても進化素材が手に入らんぞ。

まあ、僕のやり方が間違っていたり、たまたまという線もあるのでゲームが悪いとは一概には言えない。

まとめ

空いている時間にちょこちょこと釣りができるのはいいですね。

早くやらないと置いてけぼりにされてしまう!という焦燥感もないので、ぼちぼちやっていけます。

いつか川の主を釣ってやるぞーと、今日もやり込んでます。

 

みんなの釣りバカンス

みんなの釣りバカンス
開発元:GameBank Corp.
無料
posted with アプリーチ
The following two tabs change content below.
XZ

XZ

ゲームとWeb小説が何よりも好き。自分の趣味を共有、共感できたらと思いブログをはじめた。

 - テクニック重視