ぼくのあしあと

ゲームやネット小説など、日々興味や関心をもったことを綴る

画面キャプチャーソフトはこれ一択!「Greenshot」のすすめ

   

greenshot10

皆さん、スクリーンショットを撮るときはどのようにしていますか?

ソフトを使わない方ならば、キーボードの「Print Screen」キーを押してからペイントに張り付けている人も多いでしょう。

スクリーンショットなんてめったにとらない人ならばそれでもいいでしょうが、頻繁にとる人でそれはめんどくさい。

そこで、フリーソフトを使うのですが、画面キャプチャーソフトがたくさんありすぎてどれを使えばいいかわからない。

以前までは「Win Shot」というフリーソフトを使っていたのですが、Windows10になってから調子が悪くなり使えなくなりました。

他にも5種類ほどのフリーソフトを使ってみた結果、その中でもダントツに使いやすいものを見つけました!

本日は、画面キャプチャーソフトといえばこれ一択!「Greenshot」をご紹介しましょう。フリーソフトです。

ちなみに、「Win Shot」自体も素晴らしいソフトなので、互換性がある方はこちらでも問題ありません。

無料高性能キャプチャーソフト「WinShot」の紹介と、Windows10での不具合の対策

「Greenshot」の特徴

「Greenshot」は画面キャプチャーソフトだ。

デスクトップ全体の写真を撮りたかったり、現在開いているウィンドウの写真を撮りたいとき使う。

ボタン一つでそれらの画面のスクリーンショットを撮ってくれる便利なソフトなのだ。

撮り方の種類

「Greenshot」の撮り方は次のようなものがある。

  • 選択範囲をキャプチャー
  • ウィンドウをキャプチャー
  • 前回の範囲をキャプチャー
  • スクリーン全体をキャプチャー
Greenshotのメニュー

Greenshotのメニュー

選択範囲をキャプチャーするのが使いやすい。

画像サイズも表示してくれるので、簡単にキャプチャー画像のサイズがわかる。

選択範囲をキャプチャー

選択範囲をキャプチャー。サイズも表示される

また、ウィンドウのキャプチャーは自動的に候補を選択してくれるのもうれしい。

アクティブウィンドウはもちろんのこと、あるウィンドウ内の一部分だけを撮りたい!というときも自動的に候補を選んでくれる。

greenshot10

自動的にウィンドウ内の範囲を選択してくれた

多岐にわたる設定項目

「Greenshot」は細かい設定ができるのも特徴だ。

全てを紹介しきるのは無理なので、個人的に良いと思った設定項目を紹介しよう。

  • 「Greenshot」をスタートアップに登録
  • ホットキーの設定
  • マウスポインターのキャプチャー設定
  • シッター音再生、通知の設定
  • 出力設定
  • 画像の品質
  • 撮影後の操作(ペイントで開いたり、直接保存したり)
  • プリンター設定

といったように、痒い所に手が届くのだ。

特に、シャッター音再生や通知の設定はとても便利だ。

多岐にわたる設定項目

多岐にわたる設定項目

プラグインによるカスタマイズ

また、プラグインによって、撮影後の操作を自由にカスタマイズすることもできる。

例えば、撮ったスクリーンショットを自動でImgurにアップロードしたり、自動でOfficeソフトで開くこともできる。

プラグインを新しく追加すればそれだけいろいろなことができるようになる。

「Greenshot」の使い方

「Greenshot」は常駐アプリだ。

起動した後は、画面右下のタスクトレイから起動したことを確認できる。

タスクトレイに常駐している

タスクトレイに常駐している

画面のキャプチャーはホットキーで行えるが、最初はどのようにキーが割り振られているかわからないはず。

そこで、上の画像で赤く囲まれたアイコンを右クリックしてメニューを表示させてみよう。

メニューが開かれるので、そこからホットーキーを確認できる。

直接メニューを選択することでもスクリーンショットを撮ることは可能だ。

Greenshotのメニュー

Greenshotのメニュー

基本操作はこれだけだ。あとはメニューを見つつ、自分のしたい項目を選択すればよい。

個人的には、メニューの設定に目を通しておくことをお勧めする。

自分なりの設定をしておくことで、「Greenshot」がより使いやすくなるだろう。

「Greenshot」のおすすめ設定

使い方によって便利と感じる設定も異なるだろうが、ここでは僕が用いている設定を紹介しよう。

設定項目が多すぎてどうすればいいかわからないという方は参考にしてほしい。

一般設定

一般設定

一般設定

一般設定では、スタートアップの登録とホットキーの設定が便利だ。

パソコンを起動するたびに、「Greenshot」を起動させるのがめんどくさい!という方は、スタートアップの登録にチェックを付けておこう。

また、ホットキーについては完全に好みだ。

一番よく使う撮り方を「Print Screen」キーにすれば操作量が減ってより便利になる。

僕の場合、アクティブウィンドウのキャプチャーをもっともよく使うので、それに「Print Screen」キーを割り当てている。

キャプチャー設定

キャプチャー設定

キャプチャー設定

キャプチャー設定も完全に好みだ。

キャプターした画像にマウスポインターも写るのが嫌な人はチェックを外しておこう。

また、シャッター音の再生や通知を表示するにチェックを付けておくと、キャプチャーに成功した時に音が鳴ってわかりやすい。

さらに、どこのフォルダに保存したかの通知もされるので、すぐにファイルへとアクセスできる。

拡大鏡は選択範囲を指定するときに、カーソルが拡大される機能だ。

出力設定

出力設定

出力設定

出力設定も自分の使いやすいように設定しよう。

ファイル名パターンは、「?」ボタンをクリックすれば名前の付け方のヘルプが表示されるのでそれを参考にしてください。

撮影後の操作

撮影後の操作は写真を取るたびに決めてもいいが、毎回固定ならば設定しておくほうが便利だ。

僕の場合、毎回ディレクトリに保存するようにしている。

人によっては、編集ソフトで開きたい人もいるだろうし、毎回名前を付けて保存したい人もいるはずだ。

好みに合わせて決めよう。

まとめ

今まではWinshotがNo1のキャプチャーソフトだと思っていましたが、残念ながらWindows10になって不具合が多くなりました。

しかし、「Greenshot」はそれにも劣らないどころか、部分的にはそれよりも便利です。

Greenshotでもいいですし、Winshotでもいいですが、スクリーンショットを撮るときはぜひどちらかのフリーソフトを使ってみてください。

 

「Greenshot」 公式サイト

「Greenshot」 ダウンロードサイト(Vector)

 

The following two tabs change content below.
XZ

XZ

ゲームとWeb小説が何よりも好き。自分の趣味を共有、共感できたらと思いブログをはじめた。

 - 便利なツール